瑞話§今回の旅行で行ったところ[5]

[承前]

ザンクト・ガレン修道院の図書館を訪れたのは月曜日、次の目的地は
チューリヒにほど近いヴィンタートゥアという人口10万人ほどの小都
市である。ザンクト・ガレンからアウトバーンを西に60km走った位置
にある。出かけたのは木曜日のことだった。

そこにAm Römerholz(ローマ人の森)という名の美術館が、まさに森の
中にひっそりと佇んでいるのだ。この美術館を最初に訪れたのはドイ
ツ・ワールドカップのあった2006年なので、6年ぶりの再訪なのだ。

オスカーは、繊維産業で莫大な財を成したラインハルト家の三男坊に
生まれ、長じては自分の眼でコレクションを揃えていき、私邸を美術
館として作り上げ、それをヴィンタートゥア市に寄贈してしまった。

寄贈するにあたっての条件として、彼が集めたコレクションは“門外
不出”とし、まさにここでしか見られないようにというものだったの
である。

などという余分な前説はこれくらいにして、我々の車はヴィンタート
ゥアのインターチェンジを出て市内へと南下を始めた。地図で行き道
調べるだけでは不安だと思っていたら、グーグルにMapsGLなる新しい
立体地図モードがあることを知って使ってみたら、曲がるべき道の様
子が一発でわかってしまった。下の写真中央下に建つ水色のビルのす
ぐ先を左折すればいいのだ。

画像

おかげ様で、誤たず成功裏に左折が成功したのだったよ (`・ω・´)ノ
                            [続く]

《スイスのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック