週話§土曜閑居~10.13 日比谷野音へ~

今日の午後は日比谷公園から東電本社を経由して銀座あたりまで散歩
してくる。散歩の目的はこれだったりする。お時間のある方はご一緒
にいかがですか?

ついこの間行なわれた全国農業協同組合中央会全国大会において、脱
原発へのスタンスが定まらない政府&与党、そして原発推進の自民党
袂を分かつような方針が、示された。農協が脱原発へという方向へ
舵を切ったのである。

食の安全を担う農協としては真っ当な判断だろう。いまだに福島の農
産物を忌避する人は少なくない……いくら公的機関が安全だと言って
も、落ちた信用を復活させるのは容易ではない。加えて“風評被害”
もあって、まさに農業の危機なのだ。政府はといえば、有効な対策を
講じられず、政府の発信する情報がいまだに信用されていないという
のは由々しき状況なのだ。

我が愛する日本が、この先どうなっていくのだろうという不安を日本
の政治家、あるいは政治家を目指している人間達の、ほとんど誰一人
として解消できないという力不足を嘆いてもしかたがないのか……。

そして脱原発への舵切りを選択できない……しようとしない政治家達
には言うべき言葉も見つからないのである。

【去年の今日】芝話§ナクソス島のアリアドネ[中]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック