案話§新国立競技場デザイン最終選考へ

新国立競技場 国際デザイン・コンクールなるものが行われていて、つ
い先日、最終審査に残った11点が発表された。こちらを見られよ。

今回の大きな眼目として、陸上競技場とサッカーやラグビーといった
球技との兼ね合いをどうするのかということだと思った。詳しいこと
はリンク先の最終候補を眺めていただければということであるが……
まあ、色々と考えるものであるよなあ。

一番のネックである、客席とサッカーなどのピッチとの距離をどうす
るのかについて、それなりの答えを提示している案もあれば、そんな
こと関係ないと無視を決め込む案もあり。予算問題もあるだろうが、
可能であれば客席を可変にしてピッチとの距離を近づけてほしいとは
素人でも希望するところである。

日本においてサッカー専用スタジアムの数が増えないのは、もちろん
サッカー競技がいまだ発展途上であるということと、景気の問題も小
さくはないだろう。今時、大っぴらにハコモノを建造するのは相当な
逆風があることを覚悟しなくてはならないということだ。

そして限られた予算では陸上競技場を建設して、そのフィールドをサ
ッカーやラグビーのスペースにするしかないという……かつての多目
的ホールを思い出させるような折衷案しか出てこないのである。

とはいっても新しい国立競技場である。はなはだ虫のいい願望として
は、可変シートにしてサッカーやラグビーも観やすい環境にしてもら
いたいというのも正直なところではあるのだが。

ところで、新国立競技場の略称も新国

【去年の今日】賢話§漢字変換の文字区切り

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック