ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 拙話§老人がせっかちな理由の一端

<<   作成日時 : 2012/11/14 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

iPad miniを引き取ってきた。

保護カバーを貼って、例の風呂蓋もセットしたところで充電を開始。
同時に設定もスタートさせた。基本的な設定が済めば、あとは今まで
使っているiPod touchと同じである。

ということから話はエントリーのタイトルに絡ませていく。今回、こ
のminiを買うにあたっては、いつものスタンスとしての“待つ”こと
はしなかった。同時期に発売された新しいiPadの画面がRetinaという
高解像度のディスプレイを導入したが、miniは従来のディスプレイに
留まってしまった。

これまでの自分であったら、少しでも高い性能の製品が出るのを待つ
のだが、そういうことはしなかったのだ。miniの二代目が出るのは、
来年ということはないだろう。それでは再来年まで待つかというと、
還暦間近の人間としては難しいものがある。

タイトルに老人はせっかちと書いてみたが、数年前だったら待てたも
のも、今や老い先が短いという自覚が芽生えたのかどうか、次世代の
類など待たずに買って使うしかないのだ。

つまり要するに、せっかちになったというよりは、我慢をしないこと
に決めたと言うほうが正しいかもしれない。次の製品を待とうなどと
考えた結果、現行製品にも触れず、新製品も手にすることなくお迎え
に来られたら……やっぱり後悔するんだろうなと考えつつ。

【去年の今日】鬼話§ロリン・マゼール&東京交響楽団

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
拙話§老人がせっかちな理由の一端 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる