ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 巴話§リンパ節腫れ腫れ始末之記

<<   作成日時 : 2012/11/28 00:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

まさか“変な病気”ではという心配は、とりあえず先送りになったと
いうことにしておこう、そうしよう……独り言。

月曜日の時点で腫れはかなり収まり、手で触ると核になるような小さ
なシコリを認めるが、調べてみたところ、いずれ消えていくとあって
まあ大丈夫かなとは素人の見立て。抗生物質の処方が6日分なので、
それを飲み切るように医師からは言われているので、そこまでは殊勝
に飲んでおく。

シコリが小さくなったことで問題は解決してくれたわけではなく、ま
ずもって、数十年腫れたことのない場所がなぜ腫れたのか、その原因
が知りたいのである。

リンパ節が腫れるとは、すなわち何らかの病原菌が体内に入って悪さ
を始めようとしたところを、防衛隊が出動して菌との戦いを始める。
それが腫れるということだから、放っておいても自然に防衛隊が片を
つけてくれるはずなのだ。

たぶん体内では、頻繁に小競り合いが発生していて、その程度は本人
が気づかないまま防衛隊が活躍してくれるということだと想像する。
そして、今回のような大規模戦闘においては、さすがに防衛隊の能力
では抗し切れないと感じた本体が病院に赴いて助力を仰いだというこ
となのである。

《健康のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
巴話§リンパ節腫れ腫れ始末之記 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる