週話§土曜閑居~あと1000日の宮仕え~

つまらないことを計算することが好きだったりする。年間の飲酒量で
あるとか、そんな他愛のないものばかりだが……。

それで、今回ふと思い立って、残りのサラリーマン生活がどれくらい
残っているかと、カレンダーを引っくり返して計算してみたら、今日
で残る日数が1000日となったのである。たぶん合っている……はず。

つまり、休日をさっ引いた出勤日数は既に1000日を切っているという
ことになってしまっていたのだ。というわけで、つまらない計算をし
ながら、行く末の近さに今さらながら驚いたのだ。同時に、定年後の
“毎日が日曜日”不安のようなものも湧いてきたりしたのだった。

何十年仕事を勤めればいいのかと考えてみるが、会社員とそうでない
仕事とはまったく違うし、会社員でも役員というレベルに進めば定年
という概念も――役員定年というものもあるが――薄れてしまう。

40年近く勤めたのだから、個人的には潮時ではないかと考えている。

【去年の今日】僕話§拙稿と愚妻~本来の意味~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック