懐話§昭和三十年代~納豆&豆腐売り~

[承前]

昭和三十年代の町中には、様々な物売りや行商がやってきた。富山の
薬売りについては一度書いていると思うので、今回取り上げるのは、
納豆売りと豆腐売りである。

納豆売りは朝早くやってくる。買いに行くのは子供のお仕事なのだ。
自転車の後ろにのせた箱から、経木にくるまれてほんのり温かい納豆
を取り出し、経木の上に辛子と青海苔をちょっとつけてくれたところ
でお金を払う。たぶん10円か20円かというところだろう。

納豆売りのおじさんがどこからやって来るのか、我々はまったく知ら
ないままだったのは、今でも不思議である。

そうして豆腐売りは夕方やって来るが、これはどこでも同様で、豆腐
屋のラッパと売り声が聞えると、すぐに飛んで行く。別にあわてて行
かなくても、毎日定位置に自転車を停めて客が来るのをしばらく待っ
てくれるのだ。

しっかりした造りで水を張った木箱の中に豆腐を浮かばせておき、一
丁単位を、客の要望に応じて奴とかに切り分けてくれる。さらにその
木箱の上置きにしている蓋もまた箱になっていて油揚げ、厚揚げ、が
んもどきが入っているのである。

納豆売りは、昭和四十年代に入る頃にはやって来なくなってしまった
が、豆腐売りは相変わらずの売り声で、ずいぶん長いことやって来て
いたのだった。
                            [続く]

《昭和のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック