季話§雪下出麦~七十二候~冬至

冬至の末候“雪下出麦(ゆきわたりてむぎいずる)”である。

旧暦だったら春から始まる一年も、太陽暦になったおかげで冬たけな
わで正月を迎えることになってしまった。暦の流れは戻しようもない
ので、このありようで生活をしていくのだ。

それでも“たまたま”なのだろうが、七十二候の中にあって春を兆す
言葉が新年の第一候にあたってくれたのは僥倖ではないか。

今年は冬の寒さ一段と厳しいものがあって、いつも以上に春の到来が
待ち遠しい……そんな気持ちになってしまっている。そんな中でも、
日没の時刻は一番早かった12月上旬から比べて10分も伸びている。

この時期に春を表す言葉には乏しいが、地球の営みは着実に北半球に
春を告げつつあるのだ。暦も変わって新しい年が始まった。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック