ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 外話§気象庁の天気予報・・・

<<   作成日時 : 2013/01/23 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先週と今週と、2回連続して気象庁発表の雪に関する予報がはずれ!
という結果に終わった。

先週の月曜日に関してだが、東京都下三多摩南部の多摩丘陵地域に住
まいする者としては、積雪量に関してきっぱりと疑義を覚えたのだ。

30年同じ地域に住んでいる経験からして、あそこまで低気圧が発達す
れば、積雪が10cmを超えることなど、たやすく予想できることなので
ある。

去年の同じ時期にもけっこうな積雪があった時、気象庁の積雪予想は
数cmというものだったが、我が家一帯は10cmを軽々と超えてしまい、
雪除けに大わらわとなったのだった。

ネットがここまで発達した時代に、なぜもっとピンポイントの予報を
立てることができないのかと思う。それと、報道機関は報道機関で、
独自の予報ではなく、気象庁(気象協会)が提供する予報ばかりに頼っ
ているのかと思うのだ。

ローカル局によっては気象予報会社のデータを元にして、狭い範囲の
天気予報を出しているところもあるという。それでは東京のキーステ
ーション発の予報は大雑把に過ぎるということか。

アメダスのポイントは東京都内だけでも9か所を数えるが、それでも
カバーできないわけで、それが夏のゲリラ豪雨などに端的な形で現れ
てしまうのだ。マクロに始まって、よりミクロな単位の予報が求めら
れていると思うのだが……。

【去年の今日】勉話§秋に入学すること〜Jリーグも〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
外話§気象庁の天気予報・・・ ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる