懐話§昭和三十年代~有線放送の情報~

[承前]

その昔、生まれ故郷の街には有線の街頭放送が稼動していた。日中は
音楽の合間に商店の宣伝とか様々な案内を流していたのである。

そんな有線放送による情報発信の重要なもう一つが、火災発生の放送
だった。ボヤ程度だったら放送することなどはなかったが、何台かの
消防車が連なって出動していく時にはお知らせ放送されるのだった。

規模が大きいようだと、まず消防署から火災発生したというサイレン
が鳴るのだが、回数によって市の北部か南部か大雑把にわかるのだ。

そうすると、町内の人が有線放送のスピーカーのある一角にわらわら
と集まってくる。数分後くらいに、アナウンサーからの火災情報……

ただ今の火事は、○△町の何某商店が火元です

……という放送が繰り返される。火元のお宅、あるいは火元近くに知
り合いでもいたら“火事見舞い”とか“近火見舞い”とかを出す人も
いるので、必要(お節介とも言う)な情報だったのである。

そして、火事から何日かすると、火元のお宅やご近所が見舞いに対す
る御礼の文章を新聞チラシとして差し挟んでくるということなのだ。

昭和という時代は、このようにして地域やご近所の付き合いが濃厚に
営まれていたということを久々に思い出していたのである。
                            [続く]

【去年の今日】温話§三人吉三~伝統歌舞伎保存会~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック