逆話§6×8=48は間違いなんですか

九九を習い始めて間もない小学校2年生に、いきなり論理的な思考も
並行して教えることが正しいとは思えないというお話。

【問題】8人に鉛筆をあげます。
    1人に6本ずつあげるには
    全部で何本いるでしょう?


という問いに6×8=48という答えを書くと丸をもらえないのが、
今の“指導”なのだそうだ。その理由はといえば、小学校2年の算数
の教科書に“かけ算は「『一つ分の数』×『いくつ分』」”という順
序で計算する”というのだ。

だが、純粋に算数の計算でというのなら、6×8も8×6のどちらも
正解なのに、条件付けを課した問題では片方が不正解になるというの
は、徒に混乱をする子供が出てくるのではないかと危惧をするのだ。

最初に書いたとおり、まずは機械的に九九を覚えさせて、その後小学
校高学年になったところで、論理的な問題として学ばせればいいでは
ないか。九九を覚えながらの同時進行は、いかにも乱暴な話である。

10歳に満たない子供は、個人差を別にすれば、まだまだ論理的思考を
教えるには早いと考えている。数字が入れ替わっただけで間違った答
えになってしまうことを納得できないまま、それが思考の中にわだか
まりとして、その後の知的成長の阻害にならないかと危惧するのだ。

【去年の今日】週話§土曜閑居~1月どん詰まりです~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック