季話§鶏始乳~七十二候~大寒

大寒の末候“鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)”である。

一月が終わる。ついこの間正月の挨拶を交わしたというのに、容赦の
ない時の進行は、明後日が2月1日なのですと声を上げているのだ。
かくして2013年も残すところ11か月となってしまった。

かくして大寒は終わりを迎え、お次に控えし二十四節季は立春なので
ある。厳しい寒さの中にも、かすかに見える春の予感。天体の営みを
一際感じる季節も近づいているような気がしないでもない。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック