騙話§原子力推進教という宗教・・・

ああ……これはもう原発推進教という狂信的宗教なのだなと思った。

福島の処理に、どれほどの時間とどれほどの費用がかかるのか明確な
答えが出ていないというのに、再稼動を目指したり、新しい原発の建
設を目論んだり。

あまつさえ、規制委員会の指針に電力業界が自分達の利益のためとし
か考えられないプレッシャーをかけるに至っては、これを宗教的と言
わずして何と表現したらいいのだろうかと思うのだ。

さらに、代替エネルギーに対する冷淡さは、すなわち原子力にあらず
ばエネルギーにあらずという異端者扱いとしか思えないのであるが。

今の日本は、原子力発電“オンリー・ワン”一神教では立ち行かない
ということが理解できない人間達が、産業、経済、政治の中枢にいて
権力掌握しているという、背筋の寒くなるような状況が続いている。

そして原子力発電という宗教は、3・11の地震による崩壊を引き起こし
た結果、東電原発周辺の住民から終の栖を奪ってしまった。これが、
日本を取り戻すと称して政権を奪還した政党が、意識して見ようとは
しない現実なのだ。

【去年の今日】週話§日曜閑居~雪が溶けて~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック