柔話§体罰する者達の根拠なき居直り

話は至極単純である。自分達が選手の時に、監督やコーチにやられた
ことを、立場が変わった時点で繰り返しているだけである。つまりは
相手を変えてという復讐が変形したものと言えなくもないのだろう。

パワハラしている側は
されている側の従順を
愛と勘違いする


自分に都合のいい解釈をして、単なる暴力を愛のムチと言いくるめて
どれほどの体罰が繰り返されたことか、指導する立場を完全に悪用し
ているとしか思えない行状ではないか。

“道”を標榜するスポーツでありながら、一種の加虐嗜好が肥大化す
るという歪みの構造が、いつ始まったものか……間違いなく、体育会
という組織に緒を発する悪しき連鎖と断言しても一向に差しつかえは
ないだろう。

しかも悪質なことに、加虐する側は自分の立場を狡猾に利用するもの
だから、体罰を受ける立場はいよいよ不利になっていくのだ。要する
に強くさせるための体罰ではなく、服従させるための暴力に過ぎない
のである。

今回は、それに加えて上部組織に自浄能力のない人間揃いだから余計
に始末が悪い。某大阪市長のように、手の平を返して体罰反対を唱え
る姑息で軽薄な人間も始末は悪いが、組織の始末の悪さは救い難い。

この先、体罰禁止への動きが加速するのは間違いないところだが、一
つ注意すべきことは肉体に加える体罰だけではなく、主に言葉による
精神心理面への“体罰”についても十分な注意と気配りが必要という
ことである。言葉の暴力だって立派に存在していて、たちの悪いこと
に、陰湿さは体罰の比でないということを忘れてはならないのだ。

例によって“日本的妥協解決”が試みられるだろうが、ここまで様々
な状況が重なってしまうと、中途半端な結論は反発が激しいだろう。

【去年の今日】糖話§トコロテンを黒蜜で?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック