週話§日曜雑感~柿葺落チケット始末~

一昨日の金曜日に柿葺落四月大歌舞伎のチケット予約を完了した。

歌舞伎座などで松竹が行う歌舞伎公演のチケットを買う窓口はいくつ
かある。一般売りが始まるまでは、松竹歌舞伎会に登録した“会員”
の優先予約が行われる。会員のランクに応じて今回は2月7日から、
一般会員が購入できる10日まで、4日間の差があるのだ。

という流れで始まったチケット予約は、7日の時点で一等席の百枚ほ
どを残して、4月2日初日第一部のチケットは捌けてしまった。

もとより初日は平日でもあったので、そこそこの土日を見繕うつもり
だった我々は、優先予約2日目である金曜日の10時開始を待っていた
のである。開始と同時にチケット松竹のページに入ることができて、
予定していた日程を予約することができた。

後で眺めてみたら、10時直後には初日第一部は完売ということになっ
たが、他の日はまだまだ余裕で取れたのである。

ネット雀は喧しくも、2010年4月の御名残大歌舞伎ほどの出足ではな
い……勘三郎と團十郎の大看板2枚が欠けてしまったからだと言い立
てていたが、さてどうだろうか。

御名残は、なくなる古い歌舞伎座への郷愁が凝縮された形になって、
壮絶なチケット争奪戦が繰り広げられたが、柿葺落は未来へと繋がっ
ていく先の長い歌舞伎座が緒に就いたに過ぎず、だから初日の第一部
は早々と売り切れても、中には模様眺めを決め込む人もいるのだろう
と想像したのだった。

【去年の今日】滞話§原発の再開を望む地域住民之圖

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック