季話§土脉潤起~七十二候~雨水

雨水の初候“土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)”である。

さても雨水である。立春このかた日もずいぶんと長くなって、今日あ
たり東京の日没は17時半に近い。寒い寒いとはいっても、1月中旬に
降った雪がいつまでも残っていたのに比べれば、ずいぶんあっさりと
溶けてくれたのが先週の雪だった。

雨水の節季を越すと3月に入って“啓蟄”を迎える。ようやく春めい
てくれるという頃合いである。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック