寿話§尾上菊之助の結婚

音羽屋五代目尾上菊之助が、播磨屋二代目中村吉右衛門の四女と結婚
するという、何とも春らしくめでたいニュースが飛び込んできた。

4月の歌舞伎座柿落としを前に、勘三郎と團十郎という大看板2枚が
急逝し、多くの歌舞伎好きが沈んだ気持ちになっていたところに、明
るい光が差し込んできてくれたようだという、いささか使い古しな表
現がぴったりはまってくれたような、そんな先週木曜日の吉事だった
のである。

歌舞伎を観始めた時、少しずつ頭に入れていったのが歌舞伎役者の系
図だった。これを覚えていくことで役者と役者の関係であるとか様々
な風景が見えてくる。

乱暴に言えば“歌舞伎界は親戚同士の集まり”で、係累が複雑に絡み
合っているのだ。それで、これまでに音羽屋と播磨屋が親戚関係にな
かったかといえば、そんなことはなくて先代吉右衛門の異母弟である
十七代目勘三郎が、六代目菊五郎の娘と結婚しているのだ。

なので、血の繋がりこそないけれども、こうやって“親戚関係”が成
り立っているのである。

そうして連綿とした繋がりで維持をしてきた歌舞伎界であるから、新
しい夫婦に対しても、そうあってほしいという願いの声があがるのは
さぞや喧しいことだろう。

……こればかりは神のみぞ知るということにしておきたい。

【去年の今日】連話§ワタシの酒肴[53]甘いもの

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック