季話§蟄虫啓戸~七十二候~啓蟄

啓蟄の初候“蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)”である。

3月に入ったとたん、空気が冬のそれから春のそれに変わったような
気がする。月が移っただけで、かくもわかりやすく空気が違うように
感じるなど、そうそうあることではなかろう。

この冬は、始まっていきなり寒くなり、それが3か月続いてしまった
が、似たような感じで春の訪れも順調な気がする。

3週間後の月曜日は桜の便りも聞けそうだ。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック