ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 天話§煙霧〜日曜日の気温急激な変化〜

<<   作成日時 : 2013/03/13 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日曜日に“0310原発ゼロ☆大行動”に参加しようと我が家を出たのは
13時過ぎ。その時点では、地平線に薄っすらと靄がかかっている程度
だった。

正午前後の気温は25度を超えていて、外出するのに半袖のポロシャツ
を取り出して着た。3月中に半袖を着るということなど初めてではな
いかと……そんな夏日の東京だったのである。

それが14時前に千歳烏山にさしかかったところで、ひょいと乗ってい
た電車の窓の外を見たら、空が黄土色っぽくなって視界も悪くなって
いることに驚いた。

とっさに、中国奥地からの黄砂が一気に押し寄せてきたのかと考え、
マスクをしてきてよかったと思った。手元のiPod touchで調べたとこ
ろ、黄砂は日本列島に近づきつつあって未到達。何だったかというと
“煙霧”という現象で、関東地方を前線が通過して強風が吹いたとこ
ろで、地表の砂塵を巻き上げたのである。

煙霧という気象用語は、NHKラジオ第二放送で一日3回流される気
象通報を聴きながら天気図を記入していた時に覚えた単語だが、実際
に眼にする機会はそれほど多くはない。

↓煙霧を天気記号で表すと
画像

などと思っている間に日比谷公園に到着したが、その直後に気温が急
激に下がった。夏日から一気に10度台半ばまで下がってしまったのに
は驚いた。気温が下がるという予報を見ていたので、あわててジャン
パーを羽織って行進に参加したが、風も強くて数字以上に寒さを体感
した午後から夜にかけてだったのである。

【去年の今日】諧話§一日一句〜ひんやり晴れて〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
天話§煙霧〜日曜日の気温急激な変化〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる