季話§雷乃発声~七十二候~春分

春分の末候“雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)”である。

去年の同時期は、まだまだ“寒い寒い!”と言っておった。冬の腰が
重くて、ずいぶんと遅くまで居座っていたようだ。今年はというと、
春が速攻でやって来て、冬を土俵際まで押し込んでいったものの、数
日ほどは粘り腰を見せて踏ん張ったというところか。

そんな踏ん張りも長続きはしなさそうで、残す腰はないだるから、あ
っさり土俵を割る日も遠くはなかろう。

そんなはずはないけれど、春特有のたっぷりと大きい移動性高気圧を
見かけていないような気がする今年の春である。移動性高気圧と春の
低気圧が忙しなく交互に日本列島を西から東へ通り過ぎ、そんな中で
前線通過で不安定な大気が雷を生じる……冬と春の衛兵交代の儀式は
今年もあるだろうか。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック