ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 祝話§柿葺落四月大歌舞伎第一部[上]

<<   作成日時 : 2013/04/16 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

というわけで11時開演の第一部を観てきた。座った席は、2階東桟敷
2等席。舞台上手に置かれた義太夫床などは見えないが、花道はほぼ
全体を見渡すことができるので、夫婦ともどもお気に入りの席だ。

画像

幕開けは壽祝歌舞伎華彩『鶴寿千歳』と題された舞踊。これはもう、
めでたく漂っている御祝儀の踊りである。新しい歌舞伎座の舞台に最
初の一歩を印す役者は染五郎。去年の事故から復帰して、つい先月の
新橋演舞場花形歌舞伎では最後に上演された『二人椀久』を務めたと
いう繋がりだったりする。

さて、十八世中村勘三郎に捧ぐと副題の付いた『お祭り』で、最大の
目玉は、勘九郎の長男にして勘三郎初孫の七緒八の“初御目見得”で
あるのは動かしようがない。だって楽しみなんだからねえ。

舞台に揃った役者連に呼ばれ、勘九郎に手を引かれてトコトコ歩いて
いく2歳2か月の豆中村屋に観客の視線は釘付けとなり、これはいか
な名優をもってしてもかなうものではない。

漏れ伝わってくる話では“日々進化”しているのだそうで、初日あた
りは見得とお辞儀くらいだったのが、我々が眼にしたのは、舞台で踊
る三津五郎の鳶頭が袖をまくったのに合わせて袖をまくって見せたの
である。客席がどよめいたのも無理からぬことである。

もちろん、名手三津五郎による江戸の粋たっぷりの踊り、それから勘
九郎の硬質で若々しい踊りも堪能させられたが、主役の座は七緒八の
ものだった。

最後に、ほとんど座ったままだったが中村屋最古参の小山三が90歳下
の“ひ孫”と共演したこともまためでたいことで、十七代目勘三郎以
来四代にまたがるという驚異的な存在である。これもまた寿ぐべきこ
とで、すぐ先に控えている初舞台にも立ってもらいたいものである。
                            [続く]

《歌舞伎のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
祝話§柿葺落四月大歌舞伎第一部[上] ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる