布話§シャツの胸ポケットを国際標準に

日本のワイシャツメーカーがアメリカに出店してみたら、来店した客
からの苦情攻勢に遭い、売り上げもまったく芳しくなかったという新
聞記事を読んだ。

日本にあっては当たり前のように付いている胸のポケットだが、欧米
ではシルエットを気にするこだわり派が主流で、付いていないのが標
準的な仕様と言うのである。

それを読んで、そこまでこだわる人がどれほどいるものかと思った。
どこの国にも洒落者はいるから、そこまでしてシャツのシルエットに
うるさい人がいないわけではないだろうとは思った。

翻って日本ではどんなもんだろうと思っていたら、自分の周りの何人
かのサラリーマン諸氏の全員が“胸ポケット必要”論者だったのであ
る。中にはそれなりに着る物にうるさそうな人間が混じっているはず
なのに、ワイシャツのポケットはあってよし!と言うのだ。

まあ、普段は使わないでいても、時にちょっとしたもの――千円札を
1枚とか、IDカードの社員証とか
――を胸ポケットに入れて用事を
済ませる人間がたくさんいるのだった。

TPOを考えれば、仕事着としてのワイシャツであるならば便宜的で
あれ、胸ポケットがあってもいいではないかと思うわけである。タイ
トルは大げさであるにしても、ワイシャツにポケットも世界標準化す
るような色気を出してもいいではないか。

なお、ジャケットの胸ポケットにペンを差挟むのは“なし”である。
ポケットだからといって何でもかんでも入れるのは野暮と知るべきな
のだ。

【去年の今日】諧話§一日一句~ピリッと涙目~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック