塔話§スカイツリー開業一周年

というワーグナー200歳の誕生日はまた、東京スカイツリーが開業
して一周年という記念日でもある。

タワーを訪れる観光客の数は順調のようで、予想を大幅に上回ってい
るようだ。少なからぬどころではない人間が“高いところ好き”だと
証明しているようではないか。かくいう自分もまた、機会があれば昇
ってみることにやぶさかではない。

観光業の動員は合格点だが、もう一つの主要な業務であるデジタル地
上波送信業務のほうは、いまだ微妙なところにあるような気がする。
それにしても、634mと東京タワーの倍近い高さなのに電波の届かない
地域がこれほどあるとは思わなかった。

浅草とスカイツリーがタッグを組んで、今や隅田川周辺の元気がよろ
しい。20年前の浅草などは“時代に遅れた昔の名所”で訪れる人も少
なかったのが、この10年ほどは年始の初詣はもちろん休日の賑わいは
往年のそれと肩を並べるほどだろうか。

加えて徒歩15分の立地にスカイツリーが開業したから、いよいよパワ
ーアップ状態なのである。平成中村座観劇で浅草に行くと、仲見世か
ら浅草寺本堂までは人の波で、歩くのに難儀するほどだったりした。

いずれにしても地域が活性化するのは良き哉であるが、スカイツリー
や浅草寺というポイントに、地元がおんぶにだっこしているだけでは
移り気な人達からはそっぽを向かれてしまうだろう。

スカイツリーの地元商店街はあてが外れたと嘆いているが、客を呼び
込む工夫をどれほど積極的にしたものか……消費者は寄り道をする価
値があるかとか、魅力のあるなしを敏感冷静に見極めているのだ。

【去年の今日】諧話§一日一句~高知の皿鉢料理~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック