ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 比話§海外を旅行して〜日本との違い〜

<<   作成日時 : 2013/06/21 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

あまりに違いすぎて見えなくなってしまっているということかどうか
わからないが、海外旅行先と日本との違いとかを考えることは、ほと
んどない。違いがあるという前提で動いているからだろうか。

それで、何か顕著なものはと絞り出してみたのが“行列”の様子だっ
たりする。バスの停留所とか駅のホームで待っている人達は、思い思
いの場所に立っているのだ。

理由はすぐにわかった。日本だったらバス停だろうがホームだろうが
停止位置が厳密に決められていて、乗客はそれにしたがって待ってい
ればいいので、自然に列ができる――大阪は違うようだが――。都会
においては、客の側も定時運行意識が高いので、列を作ることが当然
だと考えているのである。

ミュンヘンやベルリンなどで電車や市電、バスを待っていると、停止
位置が一定していないことに気がつく。およそこのあたりにという目
安がある程度で、日本のような停止位置は存在していなかった。

日本のように、停止位置が1mちょっとずれただけでも、調節させる
のとは大違いである。

そうなると乗客は、適当にホームにばらけて待っていて、電車が到着
したところでワラワラとドアに向かっていくのである。この場合は、
列を作らないというよりは“作れない”と言ったほうが正しいような
気がしないでもない。

そうでなくても、歌劇場やコンサートホールでは休憩時の1杯を目指
してビュッフェに行くと、これは完全なカオスになっていて、列など
存在していないも同然である。幕間の1杯を獲得するためには、人の
後ろについていてはだめで、とにかくブツをだすカウンターにたどり
着いて自分をアピールするしかないのである。

……前半に関しては、並ぶということと停止位置が一定しないことを
考えると、どうもアバウトな停止位置のほうが、日本との大きな違い
のような気がしてきた。

このテーマは、この先もまとめられそうなので、経験をもとに色々と
導き出してみたい。

《海外旅行のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
比話§海外を旅行して〜日本との違い〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる