妨話§少子化が止まらない~女の敵~

下は、ネットで拾った一文である。

【日本の子育て環境】
・子供産みたい→仕事に影響する、プロとしての自覚はあるのか
・働けないから養って→寄生する気か
・わかった働く→子供預ける場所がない
・何とか見つけた→職場復帰できない
・何とか仕事見つけた→家事育児も全部やれ
・子育て手伝って→子供をほったらかしにするのか


こういった反応が男性からだけではなく、女性からも発せられるとい
う、何ともやり切れない不条理を感じるのだ。女性の敵は女性である
と、にわかに信じられないのだが、こんなブログを読んだ。そして、
書かれた内容について、この先日本の国はどうなってしまっているの
だろうと思った。政治の貧困は有権者たる国民の貧困とイコールだ。

そこには“自分の都合”しか存在せず、妊娠した保母さんを応援しよ
うとか、励まそうとかそういった発想など微塵もないのである。

自分達が過去に体験した不利益、不都合を、先々に出産しようとする
女性達にはさせまいという思いの一片でも抱くならば、あのような醜
い圧力などをすることはないだろう。

少なからぬ働く女性達の前には二重三重と見えない壁があって、妊娠
から出産を経て職場復帰することを様々な形で邪魔している……いつ
まで経っても、日本という国で少子化が解消することはないだろう。

《日本のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック