架話§我が名はローエングリン・・・?

ワーグナーが作曲したオペラ『ローエングリン』の主人公は、救いを
求めたエルザに向かって、自分の名前や出自を問わないことを条件に
彼女と結婚し、ブラバントのために戦うと申し出た。だがしかし……

画像

……上の写真左の建物は、ローエングリンはじめ聖杯の騎士が暮らす
“モンサルヴァート”の城である。白鳥は、その姿のままでは何かと
差し支えるので白いミニバンに変身させているという周到さである。

だがしかし、写真右端をじっくりと見ていただきたい。そこには……

ローエングリン専用駐車場

……と堂々の看板が立っているではないか。名前が秘密であるはずの
ローエングリン自らが、名前を明かしてしまってよいものなのかと。
名前を知られたくないのであれば、いっそ“山田太郎”とでも嘯いて
しらばくれていればいいのに、いったいどういうことなんだ、おい!

……わめいたところで夢から覚めた。後に残ったのは、グーグルのス
トリートビューが撮影した4階建てアパートの写真映像だけである。

《ワーグナーのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック