寿話§ローヤル・クライアーが誕生告知

Royal Crier ……意訳するなら“王家の伝令”とでもいうところか。



イギリス王室のウィリアム&キャサリンのカップルに男の子が誕生し
たのは22日のこと。映像は、誕生したことを伝えるローヤル・クライ
アーのがなりたてるような告知の英語は、一言も理解できなかった。

通信手段が人力によるもの以外に何もなかった“古きよき時代”を象
徴するような、そんな伝令使の存在は、いかにもイギリスらしいと言
えるだろう。

かくしてイギリス王室の継承順位が変わり、エリザベス女王の初ひ孫
が第3位ということになった。2011年の時点で5753人存在している、
イギリスの王位継承権者の順位が、ウィリアムの弟ハリー王子以下、
一つずつ下がることになった。

“暫定5754位”となったのは、ドイツはロストックに住む1973年生ま
れのカリン・フォーゲルという女性。それにしても、どのようにして
縁戚関係をたどっていくものか。そして、その継承順位付けは正しい
ものなのか……ノミネートされる可能性などゼロも同然の身にすれば
興味の対象はそんなところだったりする。

《健康のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック