季話§涼風至~七十二候~立秋

立秋の初候“涼風至(すずかぜいたる)”である。秋・・・なんだね。

そして長い残暑の始まりでもある。この先たっぷり2か月は残暑が続
くということなのだ。大雑把に数えてみても、およそ5か月という間
は“暑い夏”と言ってもさしつかえないだろう。

冬の寒い時期がやはり5か月くらいあるとするならば、春と秋はそれ
ぞれ一か月ずつしかないということになってしまうが、そんなはずも
なくて、それでも2か月くらいはあるのではなかろうか。

子供心に春夏秋冬の一季節一季節は、なかよく3か月ずつでキリがい
いんじゃないだろうかと長いこと独り勝手に思っていた。つまり……

春:3月~5月
夏:6月~8月
秋:9月~11月
冬:12月~2月


……という具合である。そんな思い込みはほとんど意味をなさないの
だと思い知るまでに、それほど時間はかからなかった。あたりまえで
ある、自然の営みの区切りが子供の考えるほどに紋切りでなどあるは
ずもないではないか。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック