季話§大雨時行~七十二候~大暑

大暑の末候“大雨時行(たいうときどきにふる)”である。

次の候は立秋、夏も終わりという暦の上だが、もちろん暑さは引き続
きということ。ただし日本列島は“二度目の梅雨”ということらしく
て、あちらこちらで集中豪雨が頻発、大きな被害をもたらしているの
は困ったことだ。

ただし、幸いなことに関東の水瓶である利根川水系には、このところ
雨続きのようで、当面は心配ないような気はするが油断はできない。
なにごとも“ほどよく”とはいってくれないのが自然の摂理である。

大暑というのに恐れたほどには気温が上がらないで助かっているが、
こんな状況のまま来週には立秋を迎えるという……。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック