諧話§一日一句~山の夕陽~2013.08.28

季語は・・・秋の山

アルプスの 端の残照 秋の山

我々が過ごしているあたりには有名な山も高い山もない。3000mを超
える山はなく、せいぜい2500mがぼちぼちある程度である。それでも
一癖も二癖もあるような山容揃いで、日々うろついて眺めても飽きる
ことはない。

朝夕に、山腹付近から細く白いガス状の雲と言ってもいいくらいのも
のが低く這ってくる様子は、なかなかに珍しい光景だったりする。

【去年の今日】諧話§一日一句~多摩川から634mを~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック