惜話§夏季休暇~アリアンツへの道[下]~

[承前]

着いたー着いたがな! フレッテマニンクの駅でござるよ。思えば、
2006年にドイツで行われたワールドカップ開幕試合が行われる前日に
車でアリアンツのあたりをうろうろとしていて、あれから7年余の年
月が流れ、ようやくアリアンツへの入場が許されたのである。

↓アリアンツは眼の前だ!
画像

入場するにはチケットが必要であるによって、予約したチケットを引
き取らねばならない。駅舎を出て歩くこと数分、入場ゲートの手前に
“カッセンキャニオン(チケットの谷)”と呼ばれている、細長い谷状
の窪みにあるチケット販売&引き取り所に向かうのだ。

↓チケット谷の混雑
画像

チケットの引き取りには、メイルで送られてきた引換証と決済に使っ
たクレジットカードが必要とあったが、実際に窓口で要求されたのは
パスポートだったので、ちょっとあわててリュックの中を探してしま
った。ものの一分足らずで確認は終了。無事にチケットが我が手に。

↓うれしいねえ
画像

かくして機は熟した。同居人と二人チケットを持ち、手に手を取って
入場ゲートへと向かう。この時13時20分で開門まではあと10分とは、
途中でバタバタしたとはいえ、絶妙な時間の管理ではありませんか。

ゲートでボディチェックを受ける。周りのバイエルン・サポーターは
ほとんどが手ぶらでバイエルン・ユニに身を包みでボディチェックも
簡単。自分はといえばザックの中身を調べられ、折畳み傘に眼を留め
られたがお咎めなしで無事に解放。そして、チケットを読み取り機に
かざせば晴れてアリアンツヘと入場するのだ! (`・ω・´)ノ
                            [続く]

《サッカーのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック