週話§土曜雑感~夏休み落穂拾い[上]~

[承前]

今回の旅行で、ミュンヘンから車で出発し、再びミュンヘンに戻って
くる数日間の様子が空白なのも何なので、少しばかり落穂拾いをして
おこう。

例年とほぼ同様、アルプス端っこの小さなホテルに6泊したが、意外
とスケジュールに余裕がないような気がしたので、到着翌日には去年
も行った、スイスはヴィンタートゥアの小さな美術館に行ってきた。
去年、数回に渡って連載したので詳しいことはそちらを参照のこと。

また40スイスフランを払ってアウトバーンの年間通行券を買うのかと
思っていたら、車のフロントガラスに見慣れたヴィニェッテが貼って
あったので買わずに済んだ。レンタカーだとたまにそういう幸運が。

この日はアウトバーンのところどろが雨模様で、走行には注意しつつ
国境を越えて一時間ほどでヴィンタートゥアに到着。

画像

鬱蒼とした森の中の駐車スペースに車を置いて美術館へ。受付で入場
料を払って中へ。まずは、ピカソが描いた“フェルナンデス・デ・ソ
トの肖像1901年”
をと去年展示してある場所に足を運んだら、ない。

おやと思ったら別の場所に移動していた。他にも位置の変わっている
作品があって、常設展示であっても模様替えをするのだと理解した。

何度訪れても、この佇まいと豊富なコレクションに飽きることはない
だろうと贅沢な時間を楽しんだ後は併設のカフェでお茶。我々がいた
間の訪問者は10名ほどと、慌しい旅行の中にあって、静かで貴重な時
間を過ごすことができたのだ。

画像

そうして美術館に別れを告げ、2時間ほど前にやって来た道を丁寧に
辿ってオーストリアへと戻っていった。
                            [続く]

《海外旅行のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック