ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 季話§水始涸〜七十二候〜秋分

<<   作成日時 : 2013/10/03 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

秋分の末候“水始涸(みずはじめてかる)”である。

東京地方の降水量は、梅雨時よりも9月&10月のほうがずうっと多か
ったりする。なので水が涸れるというのは川や池沼ではなくて、稲が
実る田の水を干すという意味なのだそうだ。

そのことを知らないで、雨量はこの時期のほうが多いんじゃないかと
したり顔で古の人達の認識が間違っているなどという指摘をしそうに
なったのは秘密だ。

《七十二候のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
季話§水始涸〜七十二候〜秋分 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる