醗話§山チーズ食べ切る・・・

先週土曜日に、自分達の土産として買ってきた山チーズ3種類のうち
最後の20か月ものを食べきってしまった。

画像

塊をがばがば食べるわけではなく、適当な大きさに切ったものをさら
に小さく切ってはちびちびと食べるので、2か月近く楽しめたという
ことである。

一番うまかったのは、写真左の20か月ベルクケーゼだが、写真右の若
いホフケーゼと呼ばれているものも、ややあっさりめでおいしく食べ
られた。要するにベルクケーゼの熟成前であるのだが。

毎年似たような南ドイツ~オーストリアの端っこに通うようになって
気がつけば10年以上が経っていた。最初の数年というもの、なかなか
チーズに馴染めなかったが、それでも通っているうちに門前の小僧的
にチーズの味を覚えていったのだ。

そうなればしめたも同然、山の中のチーズ蔵の店に入り、味見をして
は何種類かを土産に切ってもらうようになった。今回に至って、よう
やく味を覚えたというのも遅かりしな感はあるが、文化の受容には、
時間の経過を必要とするものがあり、経験を積み重ねながら自分の中
に取り込んでいったということができるだろう。

常々、我々の旅行は観光地巡りではないと言っている。それは、単に
観光名所を眺めて周るだけでは得られない別種の経験を自分の中に蓄
積させようというモチベーションに負っているところが大きい。

次回は、もう少し多めに買って帰るつもりだ。

《チーズのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック