ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 季話§山茶始開〜七十二候〜立冬

<<   作成日時 : 2013/11/07 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 1

立冬の初候“山茶始開(つばきはじめてひらく)”である。

一昨日の朝、窓が結露していた。今秋初めてのことで、立冬以前に結
露したことがあったかどうか、ちょっと記憶がない。一昨年11月半ば
のエントリーに結露が始まったという記述を見つけた。今年より一週
間遅いタイミングである。

かくして前夜は結露防止のシロッコファンを最弱で回し始めたのだ。
明けて昨日の朝、我が家のあたりは最低気温を記録したが、換気扇の
おかげで窓枠に結露はなくて済んだ。

いよいよ“冬”が始まり、これから3月半ば過ぎくらいまで4か月余
りの寒さである。夏の暑さも同様に4か月余りということは、春とか
秋と感じられるの期間が、それぞれ2か月ずつ程度ということである
のだな。

《七十二候のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
昔に比べ、春や秋が短く感じますが身体の適応力が衰えてきたのでしょうか? 温暖化の気候変動もあると思いますが(^_^;)
ひこ
2013/11/07 01:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
季話§山茶始開〜七十二候〜立冬 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる