杏話§小山三ひとり語り~読書~

中村屋最古参で今年93歳、もちろん歌舞伎役者最高齢の中村小山三
月刊『演劇界』に連載していた聞き語りが『小山三ひとり語り』とい
う題名で一冊の本になった。

画像

およそ驚異的な記憶力の持ち主で、舞台にまつわるあれやこれやはも
ちろん、それ以外の事象もしっかり記憶していて、まさにデータベー
スとして貴重な存在なのである。

歌舞伎役者は、全員が歌舞伎のデータベースであることは言うまでも
なく、歌舞伎の情報がベテランや長老から肉体を通じて若い世代へと
伝わっていくもので、小山三もまた役者という存在ばかりではなく、
彼の役割は重要なものがあるのだ。

というわけで内容は、90年になんなんとする役者人生を中心に、彼が
生きてきた、その来し方を克明に語っている。

彼にとって中心になるのは、やはり先代十七代目勘三郎であるが、も
ちろん十八代目も、そして息子の勘九郎、七之助から勘九郎長男の七
緒八、次男の哲之まで、四代を観続け仕えてきたという、その事実も
またすごいものがありはしないだろうか。

どうか、この先も達者で長生きされたうえで勘九郎の息子二人の初舞
台に登場し、元気な姿を見せてもらいたい……そう願っている歌舞伎
好きはたくさんいると思うのだ。

《歌舞伎のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック