邪話§街路樹の功罪・・・

今の時期、葉が落ちてしまって寂しい街路樹ではあるが、緑の季節に
は目に優しい効果もあって運転していても気持ちがいいものである。
……ではあるのだが、時に街路樹が困った存在になったりするのだ。

ニュータウンと呼ばれて久しい我が家のあたりは、道路に沿った街路
樹がずいぶんと育ってしまったおかげで、枝葉が道路の上までかかっ
てきてしまい、交差点の信号が見にくいことがしばしばある。

これはちょっと困ったことで、信号の手前の何本かは切ってくれたほ
うがありがたかったりするのだ。そうでなかったら、運転していても
見えるように剪定の工夫をしてもらいたいと要望したい。

行政が、どこまで木目細かい対応をしてくれるかは難しいところであ
るだろうが、現実問題として信号確認の邪魔になるのは、都合の悪い
ことではないか。

そうした眼で周囲を見回すと、環境を向上させる目的で設備されたあ
れやこれやが、実生活を送る中で障害になっているものがありはしな
いか……定期的かつこまめに見直す必要があるような気がしている。

行政が見切れないところは、住民が目を光らせて積極的に要望を出し
ていくべきだろう。何でもかんでも行政に対しておんぶにだっこでは
市民の意識が成長していってはくれないのだ。

《ドライブのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック