宮話§今年の会社もほぼ収束

昨日で仕事のめどがつき、今日は事務仕事を片付ければ2013年の宮仕
えはおしまいである。26日も出はするが、まあ目配せをするくらい。

こうして会社生活も35年9か月となった。30年勤続の頃だっただろう
か、定年という区切りを大きく意識したのは。意識は、それ以来継続
しているわけだが、5年前の意識と今の意識とは歴然と違っているよ
うな気がするのは当然だろう。

そうはいっても“定年後”というイメージが曖昧模糊としているのは
当然ながら実感できているはずもないからで、こればかりはその時に
ならなくてはわからないことと言うしかないのだ。

会社には自分のデスクがあり、デスクトップ・パソコン内のデータに
始まり、デスクの引き出しから2台ほど使っているキャビネット、そ
して衣装ロッカーに至るまで、そこには35年の間に積もり積もった捨
てるに捨てられないあれやこれやが“地層”を形成している。

さっさと捨てられるものもあるが、複雑に絡みあった地層の中の関連
づけが邪魔をして、捨てられないオーラを放ちまくっているのだ。

そんな地層も、いずれ来年のしかるべき時期にはあっさりと捨て去る
ことになるのは言うまでもないことで、単にぐずぐず引き伸ばしてい
るに過ぎないのである。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック