意話§千代田区役所10階の残念な食堂で

昨日のランチは、郵便局で用事を済ませた後に思い立って千代田区役
所10階にある食堂に行ってみた。かねてより試してみたいと思ってい
たのである。天気も上々だったので眺めもいいだろうと思って……。

画像

カレーライス350円也を買って席に着く。真下が清水門で、その先
に北の丸公園が広がっている。桜の季節はさぞやと思わせる眺望では
ないか。

北の丸公園を挟んだ先にちらりとホテル・ニューオータニのタワーが
見えたので、真正面が赤坂から青山にかけてのビル群ということにな
るだろう。

表を見渡したところで、さてとばかりにカレーライスを口に運ぶ……
ううむ、これはどうも残念な味である。いわゆる典型的な公共施設の
食堂の味で、定食も何種類かとサイドの小鉢もそれなりにあるようだ
が、推して知るべしだろうと思ってしまった。

そんな公共施設の食堂で食べたのは、府中運転試験場の食堂以来のこ
とだと思い至ったが、どうしてどこも似たような残念な味に仕上がっ
てしまうのだろうか。

そうして思い出すのはドイツやオーストリアの市役所の食堂である。
どこでも“ラーツケラー”と呼ばれていて、出てくるのは曲りなりに
もきちんとした料理である。

スープや前菜はもちろん、メインも肉と魚と用意されて、ビールやワ
インも充実している。味は似たようなドイツ料理ではあるが、その設
えはきちんとしたレストランのそれで、そんなあたりに彼我の文化の
差を見る思いがするのだ。

《カレーのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック