嘘話§銘柄どおりの物を出すがよい

他人様から「こんなものがおいしいわけ?」などと呆れられるような
食べ物が好きだったりするのは誰でもあることだと思われる。

日常外食している時だって、例えば焼肉屋でカルビとロースの違いく
らいはいくらなんでもわかるが、それが松阪なのか、三田なのか、前
沢なのかという銘柄までわかるはずなどない。海老にしても車海老、
芝海老、ブラックタイガーの違いなどわかるはずなどないのだ。まあ
その程度の味覚の持ち主がいるということと、今回の問題は別だ。

だから、料理を提供する業者は表示と違うものを出してもかまわない
などというわけでないのは言うまでもないことに決まっているではな
いか。松阪牛とあるならば正しく松阪牛を出し、車海老の何ちゃらで
あれば正しく車海老を出せばいいだけの話ではないか。

どうせ味の違いなどわかりはしないなどと高を括って表記違いの物を
出すのは詐欺と相場が決まっている。

世の中は信頼関係で成り立っているはずなのはもちろんである。我が
家では、無農薬&低農薬野菜の宅配サービスを利用しているが、配達
された野菜箱の中には、野菜を栽培した生産者の名称と住所が細かく
記載されている。

我々はそれを正しい表記だと信用して受け入れているわけで、これが
もし、適当な野菜を適当な生産者名をでっち上げてでもすれば、いよ
いよ信頼関係は崩れてしまうであろう。

あれやこれやと御託を並べたて“どこそこの産でございます”の裏で
偽装されるくらいなら、どうってことのない店で単に海老チリソース
とか牛ヒレステーキだけで、産地のさの字も書かれていないほうが、
気兼ねなく食べられるというものだ。

《日本のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック