鮪話§マグロのバブルはじける?

そもそも、去年の一億五千万円という値段が意地の張り合いによる、
単に馬鹿げた値段吊り上げゲームという様相だったが、あの手の下品
さには、ほとほとうんざりなのだ。

ただし、競り落とした業者が去年の下品なところであるのはともかく
七百万円台という値段は、初セリとしては妥当なところであろう。

マスコミは例によって“バブルがはじけた”という使い古した表現を
使っているわけで、確かに一億を超えるような値段には実態の欠片も
ないことは間違いないが、マスコミが煽っていた節があるのもまた、
反省するべきところではないかと思うのだ。

おそらくは、これもまた実態が見えない何ちゃらミクスの片棒担ぎと
いう意味でも高額落札が期待されたのだろうが、どっこい市場は冷静
だったということである。

現実問題として、この先に消費税の増税が2回待ち構えていたりする
わけだから、踊らされるほうがおかしいということになりはしないか
と思っている。1980年台後半の夢よもう一度と思っている人達は、バ
ブルがはじけたという事実を忘れたのか、忘れたいのか、忘れようと
念じているのか……いずれにしても、いよいよさもしさばかりが目に
立つ投資環境ということになるだろう。

《寿司のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック