週話§土曜日乗~本日初歌舞伎夜の部~

松取れて一週間過ぎたというタイミングで初春大歌舞伎を観てくる。

画像

演目は写真の通りで仮名手本忠臣蔵九段目『山科閑居』は“苦手”な
幸四郎が加古川本蔵、吉右衛門が大星由良之助を務めるに始まり……
何ともおめでたそうな御祝儀舞踊『乗合船惠方萬歳』を挟んで、最後
に井上ひさしの作品が歌舞伎化された、駆け込み寺が舞台の『東慶寺
花だより』という三本立て。

山科閑居を観るのは4回目だっただろうか。

《歌舞伎のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック