ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 気話§魚上氷〜七十二候〜立春

<<   作成日時 : 2014/02/14 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

立春の末候“魚上氷(うおこおりをいずる)”である。

また雪が降るなどという予報が流れているんですのよ、奥様!

しかも、またも土日の2日間お出かけする予定を入れてしまっている
ものだから、不安要素満載で週末を迎えることになってしまうのだ。

関東など太平洋側の降雪&積雪は、その多くが立春以降2月から3月
にかけてのことで、気象関係者に言わせれば、頻繁に低気圧が行き過
ぎることで春がステップアップしてくるということらしい。

先週の雪が消えずに残っているせいか、ひんやりと底冷えした地面の
様子で、今日の最高気温も5度より上にはいってくれないそうだが、
残雪の冷たさが加味された冷え込みは格段なものがありそうだ。

《七十二候のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
気話§魚上氷〜七十二候〜立春 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる