ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 滑話§羽生結弦〜アンファンテリブル〜

<<   作成日時 : 2014/02/17 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

この文章を書いている時点では、ソチ冬季オリンピックの男子フィギ
ュアの帰趨は決まっていない。羽生結弦が100点を超える高得点で
トップの座にあるわけだが、フリー最終結果がわかるのは土曜未明。

羽生結弦を初めて見たのは、ちょうど一年前くらいだっただろうか。
手足がひょろ長くて、これまでの日本人選手とは、まったく別の雰囲
気を醸し出している“少年”だった。

怖いもの知らずという言葉が実によく似合っていて、切れのいいジャ
ンプをはじめとする演技には清々しささえ漂っていた。ただし、去年
は長丁場のフリーでスタミナ切れを起こし、後半はヘロヘロ状態で、
元気だけでオリンピックに出られるものかとも思っていたのだ。

それが、オリンピック出場選手選考の全日本では悠々とトップをキー
プして出場を決めた。彼にはある種の大胆さとふてぶてしさが、いい
意味で備わっているとも思ったのである。

そんな羽生結弦を初めて見た時に思い浮かんだ言葉が“アンファンテ
リブル”つまり“恐るべき子供”というもので、これは高橋からも織
田からも感じ取れなかったものなのだ。

そんなオーラを纏った人間にはメダルに到達する資格が十分に備わっ
ていると思ったし、大きなミスさえしなければ、間違いなく表彰台の
どこかに立っていることを確信している。

追記:我々は、羽生結弦があっという間に金メダルという頂点へ駆け
上がる様子を見ることができたのだ。


《スポーツのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
滑話§羽生結弦〜アンファンテリブル〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる