劾話§浦和レッズ~差別する人達~

過去に何度もサポーターが問題を起こして、Jリーグから罰金などの
処分を受けている浦和レッズであるが、既にイエローは累積しまくっ
ていて、これはもう一発レッド退場しかないだろう。

いくら後付けの言い訳をしたって、どう見ても“Japanese Only!”の
垂れ幕を看過するわけにはいかない、しかもその後ろに見えるのは、
ご丁寧にも旭日旗という合わせ技である。

日本全体の差別意識が低いから、いつの時でも“差別的な意図はなか
った”という取って付けた物言いで逃げまくっているが、先進国の間
では冗談とかでは済まないということを思い知るべきではないか。

レッズに所属しているディフェンスの槙野智章は、2年間をドイツの
ブンデスリーガのFCケルンに所属していた。そういう経験もあって
のことだと思うが、ツイッターで今回のことを強く批判している……

今日の試合負けた以上にもっと残念な事があった…。

浦和という看板を背負い、袖を通して一生懸命闘い、誇りをもってこのチームで闘う選手に対してこれはない。

こういう事をしているようでは、選手とサポーターが一つになれないし、結果も出ない…


……ヨーロッパのリーグにおいても、人種差別にまつわることは起こ
っているが、対応が早いうえに厳しいペナルティを課していることは
知られている。そういったことは他人事ではないということをJリー
グも所属するすべてのチームも強く自覚しなくてはならないのだ。

我々人間が行う非人間的行為の中にあって、他者を差別することは、
上位に位置しうることだと考えるが、今の時代にあって、その蛮行が
影を潜めるどころか鎌首をもたげるようにして跋扈していることは、
真に恥ずべきことであり、厳しく糾弾されなくてはならないのだ。

追記:これを書いている間に、Jリーグから浦和レッズに対する処分
が決定した。23日の対清水エスパルス戦は無観客試合で行われること
になったが、あまりにも当然過ぎるペナルティと言うことができる。


《サッカーのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック