飴話§春一番吹いた~2014年3月18日~

立春から春分の間に吹く強い南風を“春一番”と呼んでいる。昨日の
火曜日に春一番が吹いた。高知では、桜が開花したというニュースが
伝わってきた。いよいよ春が舞台に姿を現してきた。

都内の気温も10時頃には18度を越えて4月半ばの陽気である。出がけ
我が家の周りを見渡したところ、陽当たりのいい場所にあるコブシの
一本から綿帽子を破って白い花がちらりと顔をのぞかせていたのだ。

同じような場所にあってバス通りのコブシ並木は、どれもこれも綿帽
子に守られたままだが、高い気温が刺激して週末には咲き出してくれ
るだろう。

それにしても長々しく続いた冬だったとしみじみ思うのは、春分がす
ぐそこまで来ているというのに、今だ冬支度で外出しているからであ
る。

ところで、キャンディーズの大ヒット曲『春一番』が、テレビやラジ
オから流れていないことに気がついた人は、どれだけいるだろうか。
著作権者がJASRAC(日本音楽著作権協会)への委託を自分の手に
戻して自主管理にしたということである。

もとより、著作権協会の著作権管理については、著作権者と使用者の
双方から不満の声がくすぶっていて、今回のケースも抗議の意味をこ
めた自主管理ということのようだ……なお、NHKは、著作権者と直
接の取り決めをしているので、番組内で流すことはできるとのこと。

《天気のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック