週話§祝日日乗~三月大歌舞伎~

どうしても観たかった吉右衛門が弁慶を務める『勧進帳』が上演され
る夜の部に行ってくる。

画像

ちょうど20年前の4月に初めて『勧進帳』を観たのだが、長いこと吉
右衛門が弁慶を務めたと思い込んでいたのを調べてみたところ、吉右
衛門が務めていたのは富樫だったということが判明した。過去に吉右
衛門の弁慶を観たのは2009年2月で、何人の弁慶を観たのかというと
全部で5人、吉右衛門と團十郎に松緑、後は……。

前にも書いたように最近は、この役はこの人というのが極端に固定化
したものがいくつかあって、ずいぶんと融通がきかない印象である。

観る客の身にしても「また“この人”の弁慶?」みたいな思いを抱い
ても不思議ではないくらいに、いつもの誰かなのだ。

だから、例えば三津五郎であり、猿之助、そして勘九郎といった役者
が演じる勧進帳を観たいという、それは当然の欲求であると言っても
いいだろう。

そんな中にあって吉右衛門が演じる弁慶を観られる機会が限られてき
ていることに気がついたのだ。だからこそ今回は楽しみなのである。
松竹は、ベテランと若手とバランスをとって歌舞伎興行してほしい。

《歌舞伎のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック