気話§雷乃発声~七十二候~春分

春分の末候“雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)”である。

やれうれしや桜が咲いたよ。今日は外気温が20度越えで、半袖でもい
いくらいの陽気だが、週明け半ばには最高気温が15度を、最低気温が
一ケタ台まで下がってしまう。

三寒四温を絵に描いたような陽気の日々であるから、特に我々年寄り
は天気予報に注意して、油断なく行動する必要があるのだ。

とはいえ予報頼みというのもまた善し悪しで、気温が上がると見越し
て薄めの上着で出かけたら、なかなか気温が上がらなかったり、その
逆で厚着で20度越えをして、電車の中で大汗をかいてしまったなんて
こともある。

気のせいかこの冬の間に、気象情報の気温欄を頻繁にチェックする癖
がついてしまったようだ。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック