気話§玄鳥至~七十二候~清明

清明の初候“玄鳥至(つばめきたる)”である。

我が東京都下三多摩で桜が咲き始めた先週の末頃、最寄り駅に着いた
らツバメが飛んでいた。3月中に見たのは初めてではないだろうか。

というか、早過ぎやしないかと思った。例年見かけるのは4月中旬以
降のことで、ましてや寒さが長引いていた今年ゆえ、ひょっとしたら
戻らず日本に留まってしまったのではないかなどと思ったりもした。

最初、一瞬だけ見間違いかとも思ったが、あの鋭角的に空間を切り裂
いていく飛び方はツバメの流儀でしかなく、その一瞬の後には、口の
中で“ツバメ……”とつぶやいていたのだ。

ともあれ、ひとつがいのツバメが駅の高架に棲み家を造り、秋までの
間に子供を育てて、東南アジア方面へと移っていくのである。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック