便話§昨今ちり紙交換事情

以前のちり紙交換といえば軽トラックが街中を低速走行しながら……

大変お騒がせしております。毎度おなじみのちり紙交換でございます。古新聞、古雑誌、ボロきれなどございましたら遠慮なくお知らせください。トイレットペーパー、化粧紙、ティッシュペーパーと交換させていただきます!

……などという、のんびりした口調のアナウンスを流していたのだ。

さすがに団地だらけの我がエリアでは、その手法は有効ではないらし
く、もう長いこと巡回してきているちり紙交換業者は、二度手間なが
らも、まずはちり紙交換にいつ来るかという予告チラシを各戸のポス
トに入れ、数日後に回収にやって来て、リクエストに応じてトイレッ
トペーパーかティッシュペーパーをポストに入れていくのである。

我が家にやって来る業者が集めるのは、古新聞と新聞チラシのみなの
だが、同居人によればこのところ新聞を定期購読する家庭が減ってい
るのだという。そのせいもあってか、以前だったら1か月で3巻ほど
だったトイレットペーパーが、先々月は何と7巻もきたのだった。

先月は6巻と大盤振る舞いなおかげで、トイレットペーパーを頻繁に
購入しなくても済んでいるようなのだ。それでも、まったく買わない
というまではいかず、3か月に1パック(6巻)くらいは購入している
と思うが、夫婦二人の使用量とはいえども馬鹿にできないちり紙交換
ではないか。

古紙相場の現状がどうなっているのか知らないでいるが、またいずれ
古新聞安でトイレットペーパー高がやって来たりもするのかな。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック